介護福祉士とはどんな職業でしょうか?

介護福祉士とは?

介護福祉士試験に最短で90%合格する勉強法

介護福祉士試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

介護福祉士試験に90%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

介護福祉士とは?

「介護福祉士」は、「社会福祉士」「精神保健福祉士」とともに「三福祉士」と呼ばれる、福祉の国家資格のひとつで、1987年に創設されたケアワーカーの国家資格です。

 

法律では、「介護福祉士の名称を用いて、専門的知識及び技術をもって、身体上又は精神上の障害があることにより日常生活を営むのに支障がある者につき心身の状況に応じた介護を行い、並びにその者及びその介護者に対して介護に関する指導を行うこと」と定義しています。

 

介護福祉士の活動場所には、特別養護老人ホーム、デイケアセンターや障害福祉サービス事業所、その他の社会福祉施設があります。在宅で生活している要介護者の自宅に通ってケアする訪問介護員にも、介護福祉士資格は役立つので、両方取得する人もいます。

 

高齢化の本格化とともに、要介護者の数は急増しています。そのため介護福祉士が他の医療、看護、リハビリテーションなどの職種と連携することで、さまざまな場面で活躍することが期待されています。

 

同時に、職種としての専門性を深めることや、他の職種との相互理解など、一層の発展が求められています。それに向けた動きとして、2004年には日本介護福祉士会による日本介護学会設立など、介護福祉学の推進と充実が目指されています。

 

2007年の法律改正の際には、「社会福祉士又は介護福祉士は、社会福祉及び介護を取り巻く環境の変化による業務の内容の変化に適応するため、相談援助又は介護等に関する知識及び技能の向上に努めなければならない」と資質の向上に関しての責務も加えられ、介護福祉士の質的な充実・レベルアップがますます求められています。

介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント

介護福祉士試験に一発合格するのは難しくありません。
7つのポイントさえしっかりマスターすれば9割以上の確率で一発合格出来ます。
介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント こちらをクリック



ホーム RSS購読 サイトマップ
記憶の秘訣 過去問選び 予想問題集 問題集と参考書 学習の秘訣 合格の秘訣 試験の攻略