介護福祉士が忘れてはいけない事

介護福祉士が忘れてはいけない事

介護福祉士試験に最短で90%合格する勉強法

介護福祉士試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

介護福祉士試験に90%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

介護福祉士が忘れてはいけない事

介護福祉士の仕事は大変なことも多いですが、反面やりがいを感じ頑張ろうと思える仕事でもあります。

 

ですが、介護福祉士として忘れてはいけない事があるという事はいつも胸に留めておかなくてはなりません。

 

一つは、介護者に対しての尊厳を守るという事。これは、介護を必要としている人も一人の人間であり感情があります。

 

相手を思いやる気持ちを忘れないようにすることが大切です。

 

そして、介護者との信頼関係を築くことも重要となってきます。

 

介護をされる方がしてもらいたいようにするのが介護の基本である事に違いはありません。

 

そして、介護者と介護福祉士は同等の立場にあるということを忘れないようにしましょう。

 

自分は介護福祉士だからと高をくくってはいけません。

 

介護福祉士としての立場から見た・考えた物ごとではなく、介護者の立場になって考えそして助言をしていくことが大切だと言えるでしょう。

 

その他にも、介護が必要とされている方が少しでも自分でやろうという意欲が沸くようにサポートしていく事です。

 

介護が必要な方の中には、人の手を借りることを嫌がる方もいますし、外に出る事が億劫になってしまっている方もいます。

 

そういった方々に対して、少しでも意欲の改善ができるよう促す事も大切です。

 

また、介護者に何か異変がないか良く観察する目を持つようにします。

 

これは、介護者と毎日会話をすることで異変にいち早く気づく事ができます。

 

変わった事がないかどうか観察力に磨きをかけておきましょう。

 

介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント

介護福祉士試験に一発合格するのは難しくありません。
7つのポイントさえしっかりマスターすれば9割以上の確率で一発合格出来ます。
介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント こちらをクリック



ホーム RSS購読 サイトマップ
記憶の秘訣 過去問選び 予想問題集 問題集と参考書 学習の秘訣 合格の秘訣 試験の攻略