介護福祉士の必要性

介護福祉士の必要性

介護福祉士試験に最短で90%合格する勉強法

介護福祉士試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

介護福祉士試験に90%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

介護福祉士の必要性

介護福祉士は、1987年に社会福祉および介護福祉法の制定とともに導入された国家資格です。

 

介護という概念や言葉自体は昔からありますが、制度としては比較的新しいものです。

 

超高齢化の本格化とともに、今後需要の高い資格となっており、最近の法改正やそれをうけての新カリキュラムの導入など、今まさにリアルタイムで、制度の充実が進んでいる分野でもあります。

 

2000年ごろには、介護サービスの利用者はまだ150万人程度でしたが、現在は350〜400万人以上の方が、何らかの介護サービスの必要がある時代となってきています。

 

現在、85歳を超えると2人に1人が要介護となります。100歳を超える高齢者も2万人以上いるといわれており、要介護人口は増加する一方です。

 

現在のような核家族社会では、介護する家族においても高齢化がおこり、介護する人間の肉体的・精神的負担が大きく、家族のみの介護だけでは限界が出始めています。

 

一方で、少子化も歯止めがかからず、社会全体の年齢構成も、高齢者のほうが多くなっていきつつあります。今後は一家に一人は居介護福祉士の資格を持っていないといけないだろうという意見も聞かれるほどです。

 

要介護といっても、その内容は個々人で異なります。認知症1つ考えても、進行状態で症状が大きく異なるように、要介護の高齢者も求められる介護内容は全部違うといってもいいほどです。

 

そうした介護の高度化も含めて、知識も実技レベルでの対応力・応用力もある、レベルの高い介護福祉士が、社会全体で求められているのです。

介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント

介護福祉士試験に一発合格するのは難しくありません。
7つのポイントさえしっかりマスターすれば9割以上の確率で一発合格出来ます。
介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント こちらをクリック



ホーム RSS購読 サイトマップ
記憶の秘訣 過去問選び 予想問題集 問題集と参考書 学習の秘訣 合格の秘訣 試験の攻略