介護福祉士による介護とは?

介護福祉士による介護とは?

介護福祉士試験に最短で90%合格する勉強法

介護福祉士試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

介護福祉士試験に90%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

介護福祉士による介護とは?

介護福祉士に関する法律では、介護とは、身体や精神に障害がある人に、心身の状況に応じた介護を行うこと、またその者及びその介護者に対して介護に関する指導を行うこと、です。

 

簡単にいえば、日常生活に支障のある心身障害者、又は高齢者や病人などの介抱やお世話をし、生活を支援することです。

 

最近では介護におけるQOL(クォリティ・オブ・ライフ)が重視されています。

 

QOLは、社会経済分野で生まれた言葉で、物質的な豊かさにだけでなく、心の豊かさを求めるものです。

 

その後医療分野で、主に延命を目的とするものでなく、心身の苦痛の緩和や生命の尊厳を重視する言葉として広がりました。

 

介護におけるQOLは、たとえ心身に障害があっても、その人らしい生活習慣が送れるよう、できるだけ尊重して自立を援助することです。

 

病人が対象の場合「看護」に近い意味合いで使われることもありますが、看護が診療補助業務メインであるのに対し、介護は生活援助がメインというのが大きな違いです。

 

具体的には、入浴、排せつ、食事などの介護を通じて、日常生活を援助していきます。

 

大切なのは、なんでも手伝ってしまうのではなく、相手の自主性を最大限に尊重し、その人らしい生活習慣を大切にして、可能な限り自立できるように仕向けていくことです。

 

そのためには自分でやったほうが早いことも我慢します。そうした我慢も含めて介護の仕事です。

 

ほとんど寝たきりの方や、脳や身体に障害がある人、まだまだ元気でほとんどのことは自分でできる人など、介護する相手も幅があり、一概に「こうすべき」がないのが難しいところですが、相手に合わせて柔軟に介護内容を変えていくことも、介護福祉士に求められるスキルの1つです。

介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント

介護福祉士試験に一発合格するのは難しくありません。
7つのポイントさえしっかりマスターすれば9割以上の確率で一発合格出来ます。
介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント こちらをクリック



ホーム RSS購読 サイトマップ
記憶の秘訣 過去問選び 予想問題集 問題集と参考書 学習の秘訣 合格の秘訣 試験の攻略