介護福祉士と介護業界を巡る状況

介護福祉士と介護業界を巡る状況

介護福祉士試験に最短で90%合格する勉強法

介護福祉士試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

介護福祉士試験に90%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

介護福祉士と介護業界を巡る状況

介護業界では慢性的な人手不足の状況が問題となっています。

 

これは高齢化の進行による急速な介護ニーズの増加や離職率が背景にあるといわれています。

 

現場の最前線で働く介護福祉士に関しても例外ではなく、優秀な人材が求められています。

 

介護業界はここ10年くらいの間にニーズが急激に増加している状況です。

 

要介護認定を受ける人の数は2000年から2006年の間に倍近く、400万人を超える数となっています。

 

また介護施設で介護サービスを受ける人の数も2006年の段階で350万人を超えており、この数字は現在でもまだまだ伸び続けている状況です。

 

介護施設の数も年々増加が進んでいる状況です。

 

たとえば訪問介護施設の場合、2000年には9833の施設がありましたが、2005年には2万618と倍以上の数字となっています。

 

年間20%程度の率で上昇しているとも言われています。

 

こうなると当然介護福祉士も足りなくなります。

 

ニーズの増加に人の供給が追いついていない状況なのです。

 

厚生労働省は2014年までに介護で働く人員を40万?60万人ほど増やす計画を立てており、介護福祉士の人員増が目指されています。

 

その一方で量だけではなく質の向上も求められている状況で、介護福祉士の資格取得の条件をより厳しく改正するなどの動きもあります。

 

しかし、低い年収や激務などの問題で離職率が高くなっている点が大きな問題となっています。

 

今後介護福祉士を巡る環境を待遇をどう改善していくかが高齢化社会の鍵を握るといってもよいでしょう。

介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント

介護福祉士試験に一発合格するのは難しくありません。
7つのポイントさえしっかりマスターすれば9割以上の確率で一発合格出来ます。
介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント こちらをクリック



ホーム RSS購読 サイトマップ
記憶の秘訣 過去問選び 予想問題集 問題集と参考書 学習の秘訣 合格の秘訣 試験の攻略