介護福祉士の歴史

介護福祉士の歴史

介護福祉士試験に最短で90%合格する勉強法

介護福祉士試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

介護福祉士試験に90%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

介護福祉士の歴史

高齢化社会の進行にともない、介護福祉士の資格に注目が集まっています。

 

ただこの資格そのものは決して新しいものではなく、1987年に制定された「社会福祉士及び介護福祉士法」という法律によって誕生したものです。

 

高齢化の問題はすでに70年代の時点で指摘されており、ニーズの増大に応えるように形でこの資格が誕生しました。

 

そして2000年代、65歳以上の高齢者が20%を超える超高齢化社会に突入したことでその役割が急速に高まっているのです。

 

介護福祉士の歴史はその数の増加が何よりも物語っています。

 

2000年の段階では介護福祉士の資格を取得している人の数は約21万人でしたが、10年後の2010年では約89万人。

 

4倍以上の数字となっています。それはつまり介護福祉士のニーズがそれだけ高まっていることを意味しています。

 

それでもなお人手不足の状況が続いていることはこの資格の重要性を物語っています。

 

また、介護のニーズの増加は多様なシチュエーションに対する適応力を介護福祉士に求める状況となっています。

 

そのため質の向上も求められており、法改正による介護福祉士資格取得の条件が変更が行われました。

 

この改正ではこれまで試験を受ける必要がなかった養成施設の修了者も試験を受けなければならなくなった点や、実務経験や授業数の大幅に増加などが盛り込まれました。

 

しかしあまりに厳しすぎるとして批判も寄せられ、見直しを念頭において実施の延長が決定されています。

 

このように、介護福祉士の歴史は高齢化社会の進行や時代のニーズに合わせてここ10年くらいの間に目覚ましい動きと変化を見せています。

 

介護福祉士の歴史は社会全体の歴史とリンクしているともいえるのではないでしょうか。

介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント

介護福祉士試験に一発合格するのは難しくありません。
7つのポイントさえしっかりマスターすれば9割以上の確率で一発合格出来ます。
介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント こちらをクリック



ホーム RSS購読 サイトマップ
記憶の秘訣 過去問選び 予想問題集 問題集と参考書 学習の秘訣 合格の秘訣 試験の攻略