介護福祉士の大切な仕事とは?

介護福祉士の大切な仕事

介護福祉士試験に最短で90%合格する勉強法

介護福祉士試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

介護福祉士試験に90%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

介護福祉士の大切な仕事

福祉の重要性と必要性が叫ばれている近年、注目を集めている福祉の資格に『介護福祉士』があります。

 

介護福祉士とは、1982年5月21日に成立し、同年5月26日に公布された国家資格になります。

 

同じ年月日に、社会福祉士の資格も成立されています。

 

介護福祉士とは、その知識と技術をもって、介護を必要とする人に直接介護を行う人です。

 

そして、介護を必要とする当事者のみならず、その家族にも介護についてのアドバイス・指導を行います。

 

介護を必要とする人を“当事者”、その家族を“介護者”と呼びます。

 

当事者は、認知症、寝たきりの状態にある人、障害があり日常生活に支障をきたしている人、と年齢や性別に境界線はありません。

 

直接的な介護としては、入浴、食事、排泄の介護が主に挙げられます。

 

ただ介護をするだけでなく、身体的、精神的な自立をする為の手助けも行います。

 

介護者は、国家資格を所持している人であることが条件とされていません。

 

たまたま、福祉に関係する資格を所持していることもありますが、通常は、介護に対する専門的知識も経験もない人ばかりです。

 

そのような介護者に、的確なアドバイスと指導を行うことも、介護福祉士の大切な仕事になります。

 

専門の知識と経験とを必要とし、当事者のみならず介護者のケアも行い、介護の現場に直接関係を持っているのが、介護福祉士になります。

 

誰でも出来る仕事ではありません。知識と経験だけでは、当事者と介護者との良好な関係を築くことは難しいです。

 

それをカバーするのは、仕事に対する心構えになります。

介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント

介護福祉士試験に一発合格するのは難しくありません。
7つのポイントさえしっかりマスターすれば9割以上の確率で一発合格出来ます。
介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント こちらをクリック



ホーム RSS購読 サイトマップ
記憶の秘訣 過去問選び 予想問題集 問題集と参考書 学習の秘訣 合格の秘訣 試験の攻略