介護福祉士に関する法改正の方向性

介護福祉士に関する法改正の方向性

介護福祉士試験に最短で90%合格する勉強法

介護福祉士試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

介護福祉士試験に90%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

介護福祉士に関する法改正の方向性

厚生労働省では、平成23年の第177回国会提出法律案として、平成23年4月5日に「介護サービスの基盤強化のための介護保険法等の一部を改正する法律案」を提出しました。

 

その概要のポイントによると、まず「1.介護人材の養成体系を整理」ということで、 今後のキャリアパスは、「初任者研修修了者→介護福祉士→認定介護福祉士」を基本とすることが掲げられています。

 

そのために、養成体系を簡素でわかりやすいものとし、介護の世界で生涯働き続けることができるという展望を持てるものにすることが目指されています。

 

ついで「現在のホームヘルパー2級を初任者研修(仮称)と位置付け。

 

介護職員基礎研修は、実務者研修(後述)の施行に合わせて、実務者研修に一本化する」として、初任者研修についても見直しが検討されています。

 

実務者研修については、19年法改正時は600時間を想定していた研修時間を見直し、「研修時間は450時間」とし、通信教育の活用、身近な地域で研修を受講できるための環境整備、過去に受講した研修(ホームヘルパー2級等) を読み替える仕組み、受講費用の支援等「働きながらでも研修を受講しやすい環境を整備」することも掲げています。

 

また、重要なポイントとして、実務者研修の見直しや介護福祉士の実務の変更などを考慮して、19年時点では24年としていた施行を3年間延期し、28年1月予定の試験から適用することを求めています。

 

「介護福祉士養成施設卒業者に対する国家試験の義務付けの施行」も3年間延期。

 

「介護福祉士資格取得者がステップアップできるよう、認定介護福祉士(仮称)の仕組みづくりを進める」ことがあげられています。

介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント

介護福祉士試験に一発合格するのは難しくありません。
7つのポイントさえしっかりマスターすれば9割以上の確率で一発合格出来ます。
介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント こちらをクリック



ホーム RSS購読 サイトマップ
記憶の秘訣 過去問選び 予想問題集 問題集と参考書 学習の秘訣 合格の秘訣 試験の攻略