介護福祉士における男女の違い

介護福祉士における男女の違い

介護福祉士試験に最短で90%合格する勉強法

介護福祉士試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

介護福祉士試験に90%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

介護福祉士における男女の違い

介護福祉士試験は女性の方が圧倒的に受験者数が多いことでも知られています。

 

合格者の比率でも同様で、男女比は2対8程度の割合となっています。なぜこのような極端な差が出ているのでしょうか。

 

その要因としてはまず介護福祉士の資格と介護業界の現状が挙げられます。

 

高齢化の進行によって介護福祉士の需要が急速に高まっています。

 

介護施設の雇用条件には年齢や性別、経験を問わないケースも多く、資格を取得すればいつでも就職・転職ができるというメリットがあります。

 

結婚や出産、あるいは夫の転職による離職の可能性がある女性にとっては非常に便利な資格となっているのです。

 

また、介護福祉士が置かれている待遇にも要因があると考えられています。

 

需要の増加とは裏腹に給与など待遇面はいまだ低い状態に留まっており、家庭を持つ男性が長期間勤められる職場ではない面もあるのです。
こういった要因によって男女差の極端な違いがでているのです。

 

また、現場における男女差もあるでしょう。

 

女性の要介護者が男性の介護福祉士からケアを受けるのに抵抗を感じるケースは考えられますが、その逆はそれほどありません。

 

つまり女性の方がより幅広く対応できるのです。また女性の方が要介護者とコミュニケーションをとりやすいといった面も挙げられるでしょう。

 

逆に介護福祉士には体力が求められます。

 

運んだり、体の向きや姿勢を変えるためにはかなりの腕力が必要になりますし、足腰に負担がかかります。

 

その意味では男性の方が適している面もあります。

 

介護福祉士における男女比の問題は今後介護業界のいっそうの充実のためにも改善する必要が出てくるのではないでしょうか。

介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント

介護福祉士試験に一発合格するのは難しくありません。
7つのポイントさえしっかりマスターすれば9割以上の確率で一発合格出来ます。
介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント こちらをクリック



ホーム RSS購読 サイトマップ
記憶の秘訣 過去問選び 予想問題集 問題集と参考書 学習の秘訣 合格の秘訣 試験の攻略