介護福祉士を巡る法改正

介護福祉士を巡る法改正

介護福祉士試験に最短で90%合格する勉強法

介護福祉士試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

介護福祉士試験に90%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

介護福祉士を巡る法改正

介護業界では人手不足による量の問題に加えて従事する人材の質の問題も浮上しています。

 

要介護者がより快適なサービスを受けられるよう、介護福祉士の質の向上が求められているのです。

 

それに合わせて平成19年には法改正が行われ、介護福祉士資格の取得条件が大幅に変更されました。

 

新たな制度では3年以上の実務経験に加えて養成施設での600時間の研修を受けること、またこれまで養成施設の卒業者は無試験で資格を取得できていましたが、国家試験を受験・合格することが義務付けられるようになりました。

 

この新制度が2012年から実施されることが決定されたのです。

 

これによって介護福祉士の質の向上を目指したわけですが、「あまりにも非現実的すぎる」という批判が相次いだことから見直しの動きが出ています。

 

現実問題として介護の現場で働く人が別に養成施設で600時間の研修を受けるのはほとんど不可能でしょう。

 

そのためその後研修時間を450時間に短縮したうえで実施を3年間延長することになりました。

 

おなじく養成施設の卒業者に国家試験の受験を義務付ける制度も3年間延長となっています。

 

ですから、これから養成施設に入学しようと考えている場合、平成26年4月以降に入学する場合には国会試験を受けなければならなくなります。
逆に平成26年4月までに入学した場合には無試験で卒業と同時に資格を取得することが出来るわけです。

 

この違いは非常に大きなものです。そのため近い将来介護福祉士を目指そうと考えている人はこの法改正を念頭に置いた上で資格取得の方法を検討しておいた方がよいでしょう。

 

この法改正によって現在介護業界全体が混乱している状況ですが、振り回されないよう的確な選択と対策を行うよう心がけたいものです。

介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント

介護福祉士試験に一発合格するのは難しくありません。
7つのポイントさえしっかりマスターすれば9割以上の確率で一発合格出来ます。
介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント こちらをクリック



ホーム RSS購読 サイトマップ
記憶の秘訣 過去問選び 予想問題集 問題集と参考書 学習の秘訣 合格の秘訣 試験の攻略