介護福祉士の試験について

介護福祉士の試験について

介護福祉士試験に最短で90%合格する勉強法

介護福祉士試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

介護福祉士試験に90%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

介護福祉士の試験について

介護福祉士になるには、国家試験に合格しなければいけません。

 

この試験は、1次の筆記と、2次の実技に分かれて実施されます。

 

初めて受験する人は、まずは1次の筆記に合格しなければ、実技の試験を受けることはできないのです。

 

また、実技には、講習会を受講するという方法もあります。

 

指定の養成機関が開いている32時間以上の講習を受けることで、修了証をもらうことができます。

 

それがあれば、筆記だけで受験することが可能になっているのです。

 

そして、介護福祉士の1次試験では、13科目から出題されることになっています。

 

5択問題をマークシート形式で解いていくことになります。

 

出題範囲は、社会福祉概論と老人福祉論といった必要不可欠な知識を問われる問題や、障害者に関するもの、リハビリテーションに関するもの、介護技術に関するものなどです。

 

また、心理学や家政学、精神保健などの分野からも出題されることになるので、幅広く勉強をしておく必要があると言えるでしょう。

 

次に、介護福祉士になるための実技では、当日になって提示された事例に対して、5分間程度で技術の有無を試されることになります。

 

内容としては、ベッドから車椅子の移乗補助、車椅子の介助方法、杖歩行の補助といったような、実際の介護の現場で多く経験することがベースになっています。

 

また、声かけなどが適切に行えているのかという点も大きなポイントになっているのです。

 

これらの審査を通ったのちに、介護福祉士として登録することができるようになるのです。

介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント

介護福祉士試験に一発合格するのは難しくありません。
7つのポイントさえしっかりマスターすれば9割以上の確率で一発合格出来ます。
介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント こちらをクリック



ホーム RSS購読 サイトマップ
記憶の秘訣 過去問選び 予想問題集 問題集と参考書 学習の秘訣 合格の秘訣 試験の攻略