介護福祉士の試験を受けられる条件

介護福祉士の試験を受けられる条件

介護福祉士試験に最短で90%合格する勉強法

介護福祉士試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

介護福祉士試験に90%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

介護福祉士の試験を受けられる条件

介護福祉士になるための国家試験には、受験するための条件が定められています。

 

注意をしておきたいのは、誰でも受けることができるものではないという点です。

 

それは、高い知識と技術が必要とされる資格なので、受験者にも一定の水準が求められているということです。
法令で決められているのは、一定の実務経験があるものと、そして福祉系の高校を卒業しているもののみなのです。

 

この条件に当てはまらない人は、試験を受けることさえできないというわけです。

 

まず介護福祉士の試験を受けることができる実務経験についてですが、これは3年以上が基準となっています。

 

ただし、この3年という数字には、もう少し細かく規定が設けられています。

 

それは、従業期間1095日以上、従業日数540日以上というものです。

 

従業期間というのは、休日などを入れて雇われていた期間です。

 

そして、従業日数というのは研修期間や有給などをひいた実際に働いていた日数となっています。

 

そして、介護福祉士になるための実務経験というものにも決まりがあります。

 

まずは特別養護老人ホームや障害者施設などで働いていることが条件となります。

 

あるいは、高齢者介護事業にたずさわっていること、そして病院などでの介護職についていることです。

 

気をつけたいのが、それらの施設で働いていても、生活支援員や看護士、あるいは事務職員の場合は、実務経験と認められないことです。

 

それらの仕事内容では、必要となる知識と技術を習得していないからです。

介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント

介護福祉士試験に一発合格するのは難しくありません。
7つのポイントさえしっかりマスターすれば9割以上の確率で一発合格出来ます。
介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント こちらをクリック



ホーム RSS購読 サイトマップ
記憶の秘訣 過去問選び 予想問題集 問題集と参考書 学習の秘訣 合格の秘訣 試験の攻略