介護福祉士試験での実技免除の条件

介護福祉士試験での実技免除の条件

介護福祉士試験に最短で90%合格する勉強法

介護福祉士試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

介護福祉士試験に90%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

介護福祉士試験での実技免除の条件

介護福祉士の国家試験は、1次の筆記と2次の実技に分かれています。

 

まずは1次に合格した人だけが、2次を受験することができ、それに通った人が晴れて資格を得ることができようになっているのです。

 

ですから、普通に考えれば、この2つの試験対策をしておかないといけないことになります。

 

しかし、事前に選択をすることで、実技を免除してもらえる方法があるのです。

 

それが指定の講習会を修了する、平成17年度から採用された方法になります。

 

この講習会というのは、介護福祉士の国家試験を受けることができる条件を満たしている人だけが受けられるものです。

 

必ず筆記試験の前に受講しなければいけないので、先に開催要項をよく調べておくようにしなければいけません。

 

もともとは受験者数の増加から始まったものですが、直接講義を受けることができるので、より実践的な知識を確認できるようになっているのです。

 

人気のあるコースでは抽選になるほど人が集まることもあると言われています。

 

これから資格を得ようと考えている人も、介護福祉士の国家試験に申し込む際に、実技を受けるか、講習会を受講して免除するかを選択することができます。

 

講習会に参加するならば、介護の概論から始まり、コミュニケーションや介護の技術といった講義を受けることになります。

 

また、実際の演習として、排泄や食事、着替えといった実技を行うことになるのです。

 

これらの合計32時間の内容を修了すれば、試験に合格したものと同等の評価を得ることができるというわけです。

介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント

介護福祉士試験に一発合格するのは難しくありません。
7つのポイントさえしっかりマスターすれば9割以上の確率で一発合格出来ます。
介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント こちらをクリック



ホーム RSS購読 サイトマップ
記憶の秘訣 過去問選び 予想問題集 問題集と参考書 学習の秘訣 合格の秘訣 試験の攻略