介護福祉士の試験概要

介護福祉士の試験概要

介護福祉士試験に最短で90%合格する勉強法

介護福祉士試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

介護福祉士試験に90%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

介護福祉士の試験概要

介護福祉士になる方法として、まっさきに考えられるのが国家試験を受けることです。

 

とくにホームヘルパーなどで実務経験を積んできた人にとっては、改めて学校に通い直すよりは、自分で勉強して試験を受けることを選ぶケースのほうが多いはずです。

 

基本的には3年以上の実務経験があれば、受験資格を得られると言っていいでしょう。

 

平成24年度からは、養成施設に6ヶ月通うことが必要になりましたが、その課程を修了した人だけが年1回の試験に挑めるのです。

 

介護福祉士になるための申し込みは、8月から9月にかけて行われています。

 

毎年、日付には少し違いが出ることもあるので、事前によく確認しておくようにしましょう。

 

そして、受験料は12,500円です。ほかの介護職と比べると、少し高めかもしれません。

 

しかし、1月下旬に行われる1次の筆記と、3月上旬に行われる2次の実技とに分れているのです。

 

毎年、6月頃にはホームページに情報が掲載されるので、必ず日程などについてチェックしておくようにしましょう。

 

介護福祉士になるために国家試験を受けた人は、2次終了後の3月の中ごろには合否の判定がでます。

 

実技が免除されている人の場合でも、だいたい同じころになると考えていいでしょう。

 

郵送とホームページでも確認することができます。

 

合格率については、毎年変動があります。少ないときでは4割、多いときでは6割を超える年もありましたが、5割前後を予想しておけばいいでしょう。

 

目安となるのは、6割を超える正答率だと言うことです。

 

介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント

介護福祉士試験に一発合格するのは難しくありません。
7つのポイントさえしっかりマスターすれば9割以上の確率で一発合格出来ます。
介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント こちらをクリック



ホーム RSS購読 サイトマップ
記憶の秘訣 過去問選び 予想問題集 問題集と参考書 学習の秘訣 合格の秘訣 試験の攻略