介護福祉士試験の基礎知識

介護福祉士試験の基礎知識

介護福祉士試験に最短で90%合格する勉強法

介護福祉士試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

介護福祉士試験に90%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

介護福祉士試験の基礎知識

介護福祉士になるためには、当然ですが資格試験に合格しなければいけません。

 

この試験は「介護福祉士国家試験」が正式名称で、1年に1回行われます。

 

これから試験を受けようと思っている人であればすでに調べている人もいるでしょうが、興味を持ったばかりの人のために、ここではどういう試験なのかを簡単にまとめておきます。

 

介護福祉士国家試験は、誰もが受験できる資格ではありません。

 

特別養護老人ホームや介護老人保健施設の介護職員と言った、介護を業務としている人で、一定期間以上の経験がなければいけません。

 

その期間は在職期間が3年以上で、実働日数が540日以上となっています。

 

まずこの条件をクリアしていなければいけません。

 

介護福祉士試験は筆記試験と実技試験とに分かれています。

 

筆記試験は毎年1月下旬に行われ、実技試験は3月上旬となっています。

 

ただし受験申込書はかなり早い段階から必要となり、8月上旬から9月上旬までの間に提出しなければいけません。

 

介護職の仕事は、年収がそれほど高くないと言われています。

 

しかし、これからの高齢化社会に向けて人材不足が予測されていますので、近い将来には待遇面でも必ず改善されるに違いありません。

 

いずれにしても、仕事をしながらの試験勉強は大変ですが、介護のエキスパートとして今後がんばっていくつもりなら、介護福祉士の資格を持つことは必須と考えるべきだと思います。

 

介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント

介護福祉士試験に一発合格するのは難しくありません。
7つのポイントさえしっかりマスターすれば9割以上の確率で一発合格出来ます。
介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント こちらをクリック



ホーム RSS購読 サイトマップ
記憶の秘訣 過去問選び 予想問題集 問題集と参考書 学習の秘訣 合格の秘訣 試験の攻略