介護福祉士の筆記試験の概要

介護福祉士の筆記試験の概要

介護福祉士試験に最短で90%合格する勉強法

介護福祉士試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

介護福祉士試験に90%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

介護福祉士の筆記試験の概要

介護福祉士となるためには、資格試験に合格しなければいけません。

 

試験は筆記試験と実技試験の2つからなり、まずは筆記試験に合格しなければいけません。

 

それでは介護福祉士の筆記試験とはどういう物なのかを、ここでは解説していきます。

 

試験を受けようと思っている人は、ぜひ参考にしてみてください。

 

介護福祉士の筆記試験は、選択肢が5つのマークシート形式になっています。

 

択一式というと運が良ければ合格できるのではないかと思う人がいるかも知れませんが、そんな甘いものではありません。

 

出題範囲は広く、社会福祉概論、障害者福祉論、リハビリテーション論、老人・障害者の心理、医学一般、精神保健など、全13科目があります。

 

福祉系の大学を卒業した人であればこれらの範囲は勉強していると思いますが、そうではないという人にとっては量的にかなりの負担だと思います。

 

そういういった方は通信講座などを利用して基礎的なことを勉強しておくと良いでしょう。

 

もちろん福祉系の大学を卒業したからといって、それだけで合格出来るほど甘い資格ではありませんので、まずはしっかりと基礎的なことからおさらいしておきましょう。

 

合格率は約5割となっていますが、介護系の学校を卒業したり実務経験を有する方のみが受験出来る資格のため、受験者のレベルはかなり高いと考えなければなりません。

 

そんな高いレベルの受験者の中で、2人に1人の勝ち組にならなければいけませんので、単に合格率だけに惑わされずに、しっかりと試験対策をしましょう。

介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント

介護福祉士試験に一発合格するのは難しくありません。
7つのポイントさえしっかりマスターすれば9割以上の確率で一発合格出来ます。
介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント こちらをクリック



ホーム RSS購読 サイトマップ
記憶の秘訣 過去問選び 予想問題集 問題集と参考書 学習の秘訣 合格の秘訣 試験の攻略