介護福祉士の実技試験の心構え

介護福祉士の実技試験の心構え

介護福祉士試験に最短で90%合格する勉強法

介護福祉士試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

介護福祉士試験に90%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

介護福祉士の実技試験の心構え

介護福祉士の試験は、筆記試験の他に実技試験があります。

 

この2つの試験を突破することによって、はじめて介護福祉士の資格を得ることができます。

 

筆記試験は参考書や問題集などをうまく活用することによって、割と対策を立てやすいと思います。

 

しかし実技試験となると、どのような対策をしたらいいのかわからない方も多いのではないでしょうか。

 

介護福祉士の実技試験は、複数の試験管が立ち会いのもと、さまざまなポイントが審査されます。

 

ある仮定の状態をもとに課題が出され、その状況に合わせて必要な介助行為を行っていきます。

 

このときに与えられる時間は5分と短いですが、その時間内でいかに試験官に自分の実力をアピールできるかがポイントになります。

 

時間が短いということで簡単に終わると考えている方もいるかも知れませんが、逆に無駄な時間が一切ないということでプレッシャーがかかります。

 

時間に追われて頭が真っ白になってしまい、普段の実力が出せなくなってしまっては最悪です。

 

ですから、事前に出題が予想される状況を想定して、5分以内で作業がクリアーできるように練習しておくといいでしょう。

 

また、試験の雰囲気は独特です。

 

本来なら簡単に出来るはずの作業が、緊張のあまり出来なくなってしまうということもあり得ますので、試験当日にはまず落ち着くことを考えましょう。

 

介護福祉士の実技試験自体は、実際の介護の現場でよくおこり得るシチュエーションの問題が多いので、落ち着いて受験すれば決して難しいということはありません。

介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント

介護福祉士試験に一発合格するのは難しくありません。
7つのポイントさえしっかりマスターすれば9割以上の確率で一発合格出来ます。
介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント こちらをクリック



ホーム RSS購読 サイトマップ
記憶の秘訣 過去問選び 予想問題集 問題集と参考書 学習の秘訣 合格の秘訣 試験の攻略