介護のプロとしての介護福祉士とは

介護のプロとしての介護福祉士とは

介護福祉士試験に最短で90%合格する勉強法

介護福祉士試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

介護福祉士試験に90%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

介護のプロとしての介護福祉士とは

介護福祉士に対して一般の人がイメージしているものは、どういったことでしょうか?

 

具体的に介護福祉士の資格や仕事について、理解している人は少数だと思います。

 

しかし、これから介護福祉士を目指そうという人であれば、具体的にどういう資格でどういった仕事をし、どういう役割を持っているものなのかを知っておく必要があります。

 

介護福祉士の役割を簡単に説明すると、身体が不自由な高齢者や障害者の健康状態を見て、医師や看護師などと連携を取り、確実に必要な対応をすることが出来る、介護のプロフェッショナルということになります。

 

そのためには様々な介護に関する専門知識が求められており、その知識を試すための国家試験に合格することで、はじめて介護福祉士を名乗ることが出来ます。

 

介護福祉士の国家試験は筆記と実技に分かれており、資格取得のためにはこの両方に合格しなければなりません。

 

つまり専門知識と技術が揃って、はじめて介護福祉士になることができるということです。

 

もちろん、知識や技術だけでは介護福祉士の仕事は務まりません。

 

介護福祉士の仕事は人と接することが主な仕事となりますから、コミュニケーション能力が必須となります。

 

単に国家試験に合格しただけでは、本当の意味での介護福祉士ではありません。

 

人としてうまくコミュニケーションを取りながら、介護を必要とする人たちが今後どうすれば自立した生活を送ることが出来るかを真剣に考えつつ親身になって介護をすることが出来ては、はじめてプロの介護福祉士を名乗ることが出来ます。

介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント

介護福祉士試験に一発合格するのは難しくありません。
7つのポイントさえしっかりマスターすれば9割以上の確率で一発合格出来ます。
介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント こちらをクリック



ホーム RSS購読 サイトマップ
記憶の秘訣 過去問選び 予想問題集 問題集と参考書 学習の秘訣 合格の秘訣 試験の攻略