介護福祉士の必要性

介護福祉士の必要性

介護福祉士試験に最短で90%合格する勉強法

介護福祉士試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

介護福祉士試験に90%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

介護福祉士の必要性

介護福祉士という存在がなかった時代では、高齢者や障害者の介護というものは、その家族が全て行ってきました。

 

なかでも、多くの場合は、娘であったり、嫁であったりといった女性にその役目が任されてきたと言っていいでしょう。

 

いまよりも介護というものが世間一般では身近でなかった時代においては、それは正しい知識や技術といった情報を得る機会も少ない過酷なものであったと考えられます。

 

そのような時代を経て、介護福祉士が必要になってきた背景には、女性の社会進出という大きな要素があると言えます。

 

それは、家庭内における介護の担い手であった女性がいなくなってしまうことを意味しました。

 

もちろん、それは絶対的な理由もなく任されてきたものなので、女性が社会進出をすることを阻む理由にはなりません。

 

しかし、そうすると、今度は誰にも手助けをしてもらえない高齢者や障がい者という存在が浮き彫りになってしまうのです。

 

あるいは、働きながらの介護というものでは、家族のほうが身体を壊してしまうといった問題も出てきます。

 

また、高齢者夫婦の老老介護というのも社会的な問題となっていくのです。

 

そこで、家で1人になってしまった高齢者や障がい者の介助をするための人員が必要になったというわけです。

 

介護福祉士が正式に誕生したのは、法律が施行された1987年のことなのです。

 

現在でも、その必要人員は増え続けており、東南アジアからも募集をしているほどです。

 

日本が高齢化社会になるのは明らかであり、これからも需要は増えていくと考えられます。

介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント

介護福祉士試験に一発合格するのは難しくありません。
7つのポイントさえしっかりマスターすれば9割以上の確率で一発合格出来ます。
介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント こちらをクリック



ホーム RSS購読 サイトマップ
記憶の秘訣 過去問選び 予想問題集 問題集と参考書 学習の秘訣 合格の秘訣 試験の攻略