介護福祉士試験の合格率

介護福祉士試験の合格率

介護福祉士試験に最短で90%合格する勉強法

介護福祉士試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

介護福祉士試験に90%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

介護福祉士試験の合格率

介護福祉士の試験は、1次の筆記と2次の実技に分かれています。

 

それぞれに合格をしなければいけないので、両方の勉強をしておかなければいけません。

 

実技に関しては、講習会を受講することで免除となることもありますが、実際の介護現場で必要になる知識と技術を持っていなければいけないことには変わりありません。

 

また、合格率に関しても、決して高いものだとは言えません。

 

やはり、出題範囲のなかでも一定の知識を有していないと免状を受けることはできないのです。

 

まず介護福祉士になるためには、1次の筆記試験を通らなければいけません。

 

そこではマークシート形式で5択の問題が出題されることになります。

 

問題数は120問で、午前中に受けるのが8科目、午後に5科目の計13科目を受験しなければいけません。

 

そのなかで合格のラインとなるのは、6割以上の正答だと言われています。

 

また、科目によっては必ず1点以上得点していなければいけないものもあり、簡単に合格できるものではないと言えます。

 

そして、介護福祉士の実技試験では、直前に事例が提示されるので、その場面に適した技術を選んで正確に行えるかが試されることになります。

 

試験内容は、相手として設定された年齢や障害の程度などから、どれだけの介助が必要かどうかを総合的に判断しなければいけません。

 

また、相手に対する要所での声かけといったことも審査の対象になっています。

 

1人あたりに与えられている時間は5分間となっているので、その時間内に必要な動作を行うことになるのです。

介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント

介護福祉士試験に一発合格するのは難しくありません。
7つのポイントさえしっかりマスターすれば9割以上の確率で一発合格出来ます。
介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント こちらをクリック



ホーム RSS購読 サイトマップ
記憶の秘訣 過去問選び 予想問題集 問題集と参考書 学習の秘訣 合格の秘訣 試験の攻略