介護福祉士とケアマネジャー

介護福祉士とケアマネジャー

介護福祉士試験に最短で90%合格する勉強法

介護福祉士試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

介護福祉士試験に90%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

介護福祉士とケアマネージャー

ケアマネジャーというのは、介護の現場を統括する責任者のようなものです。

 

介護支援専門員という名前のとおり、介護保険の枠組みのなかで認定を受けた要介護者に対して、様々な支援を行うために存在しているポジションになります。

 

介護福祉士との関係は、現場においては、ケアマネジャーのほうが上位に位置すると考えていいでしょう。

 

ケアプランを作ることを任されているので、すべての業者との関係を調整する役目を担っているのです。

 

また、介護福祉士などの実務経験が5年以上ない人でないと、ケアマネジャーになることはできません。

 

ですから、ホームヘルパーからのステップアップが介護福祉士ならば、その先のステップアップという位置づけとも考えることができるでしょう。

 

とくに人材が不足している分野なので、両方の資格を持っていることは、大きなアドバンテージになると言っていいでしょう。

 

自分でケアプランを作成してしまえば、利用者にとって最も効果的なものを作ることが可能になるからです。

 

ほかにも、介護福祉士以外で、医療やリハビリ、福祉用具、入浴サービスといったように、介護保険の枠組みのなかで関わっていく様々な分野の人たちを、1つの現場のなかで効果的に使っていくという重要な役割もあります。

 

利用者の状況を見て、どんな手助けが必要かを、それぞれの担当者と連携しながら決めていくのです。

 

そのため、ケアマネジャーになるための試験では、より幅広い分野の知識が必要となるのです。

介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント

介護福祉士試験に一発合格するのは難しくありません。
7つのポイントさえしっかりマスターすれば9割以上の確率で一発合格出来ます。
介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント こちらをクリック



ホーム RSS購読 サイトマップ
記憶の秘訣 過去問選び 予想問題集 問題集と参考書 学習の秘訣 合格の秘訣 試験の攻略