介護福祉士になるための学校

介護福祉士になるための学校

介護福祉士試験に最短で90%合格する勉強法

介護福祉士試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

介護福祉士試験に90%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

介護福祉士になるための学校

介護福祉士になるためには、国家試験に合格する方法のほかに、厚生労働省の指定を受けた教育機関を卒業する方法があります。

 

それは介護福祉養成施設の必要課程を修了した場合に認められるものです。

 

専門的な知識と技術が必要となる資格なので、そのための講義を2年以上にわたって受けることで、国家試験に合格したものと同等の評価を得ることができるというわけです。

 

注意しなければいけないのは、指定校ではなく、ただの受験予備校も存在していることです。

 

卒業と同時に介護福祉士になることができるのは、あくまで厚生労働省が指定した養成施設のみなのです。
それには、専門学校のほか、短大や大学の社会福祉科などがあります。

 

いずれの場合でも、2年以上のカリキュラムで、その課程を修めることが条件となっています。

 

また、専門のコースを選択していなくても、必要な科目を履修しておくことで、1年以上の養成コースを卒業することで資格を得ることができるケースもあります。

 

また、介護福祉士ではなく、保育士の養成施設を修了した人でも、その後に、介護福祉士のための養成施設に1年以上通って卒業ができれば、資格が認められることになっているのです。

 

これらの学校は、全国に500校近く存在しています。

 

ですから、これから通おうと考えている人は、自宅から通学しやすいところを探しておくのがいいでしょう。

 

また、高校を卒業していない人でも、大学入試検定試験に合格することで、入学が認められていることも知っておきましょう。

介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント

介護福祉士試験に一発合格するのは難しくありません。
7つのポイントさえしっかりマスターすれば9割以上の確率で一発合格出来ます。
介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント こちらをクリック



ホーム RSS購読 サイトマップ
記憶の秘訣 過去問選び 予想問題集 問題集と参考書 学習の秘訣 合格の秘訣 試験の攻略