介護福祉士の役目

介護福祉士の役目

介護福祉士試験に最短で90%合格する勉強法

介護福祉士試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

介護福祉士試験に90%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

介護福祉士の役目

介護福祉士には、介護の現場で直接相手の補助をする重要な役割が任されています。

 

ですから、相手の気持ちをよく考えて行動をすることが大切になってくるのです。

 

身体が不自由になってしまい、自分では行動ができなくなってしまった人は、身体的な苦痛の他にも、精神的な負担や不安を抱えてしまうことが多くあります。

 

とくに、周りに迷惑をかけたくないと考えてしまう人もいるのです。

 

ですから、介助するのが当然、あたり前と考えるほかに、相手の手伝いをしているのだという意識を持つようにしましょう。

 

介護福祉士のなかには、使命感に燃えて、犠牲的な精神で従事している人もいますが、あまり押し付けがましくすると、相手方にも負担になってしまうことも知っておきましょう。

 

あくまで、相手の存在を尊重することから始まるものなのです。相手がたとえ認知症であっても、あるいは知的障害があってもそれは同じです。相手を1人の人間として尊重することが大切なのです。

 

そして、介護福祉士の役目として、話に耳を傾けるということがあります。

 

それは、担当してる人とその家族も含めたものだと考えていいでしょう。

 

本人の要望に耳を傾けるのは当然のこととして、その家族にも、やはり不安や負担というものがのしかかっているものです。

 

ですから、家族の話し相手をして、介助方法に関するアドバイスをするほか、ただの世間話をするなどをしてコミュニケーションをとっていくことも、重要な役目だと言うことができるのです。

介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント

介護福祉士試験に一発合格するのは難しくありません。
7つのポイントさえしっかりマスターすれば9割以上の確率で一発合格出来ます。
介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント こちらをクリック



ホーム RSS購読 サイトマップ
記憶の秘訣 過去問選び 予想問題集 問題集と参考書 学習の秘訣 合格の秘訣 試験の攻略