介護福祉士として知っておくべきこと

介護福祉士として知っておくべきこと

介護福祉士試験に最短で90%合格する勉強法

介護福祉士試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

介護福祉士試験に90%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

介護福祉士として知っておくべきこと

介護福祉士として、実際に高齢者や障害者の担当をするようになったのならば、自分がどこまで手を貸せばいいのかという点について、きちんと整理をしていく必要があります。

 

それは、相手の能力や年齢などから考えて、どこまでできるのか、どこからは手助けが必要なのかという状況判断が試されることになるでしょう。

 

本人の話のほか、その家族、医療関係の担当者、あるいはケアマネージャーなどから情報を集めることも大切になってくるでしょう。

 

どうして、そこまで介護福祉士が注意しなければいけないのかというと、いわゆる世話の焼き過ぎというのは、本人にとっても良くないことになりかねないからです。

 

廃用性症候群というものがあり、これは使っていない機能がどんどん損なわれていってしまうものです。

 

つまり、本来は使うことができる機能があっても、手助けを過剰に行っていたがために、その機能が損なわれてしまうというリスクが生じるというわけです。

 

ですから、介護福祉士として担当した人に対しては、あれもこれもと過剰に手を貸すことが、かえってマイナスの側面を持ってしまうことがあるということなのです。

 

現場などでよく言われているのは、できることをできなくしないようするために、あるいは寝たきりにならないために、ということなのです。

 

つまりその人ができることは自分でしてもらい。介助が必要な場面でのみ、手助けをするという線引きが重要になってきます。

 

自分の犠牲的精神からくる自己満足に陥らないようにしなければいけません。

介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント

介護福祉士試験に一発合格するのは難しくありません。
7つのポイントさえしっかりマスターすれば9割以上の確率で一発合格出来ます。
介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント こちらをクリック



ホーム RSS購読 サイトマップ
記憶の秘訣 過去問選び 予想問題集 問題集と参考書 学習の秘訣 合格の秘訣 試験の攻略