介護福祉士として注意すべきこと

介護福祉士として注意すべきこと

介護福祉士試験に最短で90%合格する勉強法

介護福祉士試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

介護福祉士試験に90%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

介護福祉士として注意すべきこと

介護福祉士となって現場に携わるようになってからは、それまで以上に注意しなければいけないことが増えてきます。

 

たとえば、特別養護老人ホームやデイサービスセンターで働くことになった場合などは、全体を注意して見渡せる広い視野が必要になります。

 

相手と対面で介助している時でも、それ以外の利用者の動きにも気を配っておくことも大切なのです。

 

怪我をしたり、転倒したりといったことは、未然に防いでいくようにしなければいけません。

 

また、介護福祉士の仕事として、状況判断を素早く正確に行えるようにしていく必要があるでしょう。

 

前述のとおり、施設などで働くことになれば、一度に複数人の利用者を担当しなければいけないケースも想定されます。

 

訪問介護のように1人の相手に対して決められた時間内に集中して担当するのとは、勝手が違うということです。

 

やはり、大人しく座っている人だけではないので、動き出した先に危険はないのかといったような予測をたてた行動が大切になるのです。

 

そして、介護福祉士として注意しなければいけないこととして、相手を尊重するということも忘れてはいけません。

 

よく、高齢者に対して赤ちゃん言葉で話しかけている人がいますが、本当に認知症で判断ができなくなってしまっている人でなければ、そういった行為はとても傷つくことだということも知っておきましょう。

 

たとえ身体に不自由なところがあっても、まだまだ元気な高齢者や障がい者の方はたくさんいるのです。

介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント

介護福祉士試験に一発合格するのは難しくありません。
7つのポイントさえしっかりマスターすれば9割以上の確率で一発合格出来ます。
介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント こちらをクリック



ホーム RSS購読 サイトマップ
記憶の秘訣 過去問選び 予想問題集 問題集と参考書 学習の秘訣 合格の秘訣 試験の攻略