介護福祉士になるための条件

介護福祉士になるための条件

介護福祉士試験に最短で90%合格する勉強法

介護福祉士試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

介護福祉士試験に90%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

介護福祉士になるための条件

介護福祉士にはまったく介護に関する経験のない方がいきなりなることはできません。

 

試験を受けて資格を取得しなければいけないのは当然のこと、その資格試験を受けるために必要な条件もあります。

 

ここでは介護福祉士になるためには、どうすればいいのかをまとめてみたいと思いますので、これから介護福祉士を目指したいという人は参考にしてみてください。

 

介護福祉士になるためには、大きく分けて2つの方法があります。

 

1つめは養成施設を卒業する方法で、これには4つルートがあります。

 

2年以上の養成施設(専門学校、短期大学、大学)を卒業するルート、福祉系大学で指定科目を履修して1年間の養成施設を卒業するルート、社会福祉士養成施設を卒業した者が1年間の養成施設を卒業ルート、保育士養成施設を卒業した者が1年間の養成施設を卒業ルートの4つです。

 

介護福祉士になるもう1つの方法は、国家試験を受験して合格することです。

 

試験を受けるためには、介護等の業務に3年以上従事する必要があります。

 

また、高等学校の福祉か福祉コースを卒業し、その後資格試験に合格して、福祉施設・医療系施設・ホームヘルパーとして就業すれば、介護福祉士になることができます。

 

どの方法が一番良いのかは、その人の就業状況やライフスタイルによって変わってきますので、一概にどれがいいかをアドバイスできませんが、自分自身の置かれた状況を考慮してベストと思われる方法で介護福祉士を目指して下さい。

介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント

介護福祉士試験に一発合格するのは難しくありません。
7つのポイントさえしっかりマスターすれば9割以上の確率で一発合格出来ます。
介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント こちらをクリック



ホーム RSS購読 サイトマップ
記憶の秘訣 過去問選び 予想問題集 問題集と参考書 学習の秘訣 合格の秘訣 試験の攻略