介護福祉士の養成施設と就業年数

介護福祉士の養成施設と就業年数

介護福祉士試験に最短で90%合格する勉強法

介護福祉士試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

介護福祉士試験に90%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

介護福祉士の養成施設と就業年数

介護福祉士になるための方法の1つに、養成施設を卒業するという方法あります。

 

この養成施設は全国にあり、その人のライフスタイルに合わせたさまざまな種類養成施設があります。

 

では介護福祉士の養成施設とはどういうものなのか、具体的に説明してみたいと思います。

 

介護福祉士の養成施設は、厚生労働大臣が指定する介護福祉士を養成するための施設となります。

 

養成施設は就業年数によって様々な種類に分かれており、1年で終わるものから4年かかるものまであります。

 

その中でも特に利用者が多いのが2年で卒業できる養成施設です。

 

年次に違いはカリキュラムやコースによって変わってくるのですが、介護の基礎からしっかりと学ぶのであれば4年間しっかりと勉強するのがいいでしょう。

 

1年で介護に関する知識がすべて学べるならば理想的ですが、1年で卒業出来る養成施設は原則として介護系の学校等で学んだことのある人向けのコースとなります。

 

介護福祉士の資格は2015年以降、養成施設を卒業した者でも試験を受けなければいけなくなる予定です。

 

しかし、現実的には人手不足の介護業界において、介護福祉士の資格取得のためのハードルをこれ以上上げることは様々な問題があり、実際のところどうなるかは不透明です。

介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント

介護福祉士試験に一発合格するのは難しくありません。
7つのポイントさえしっかりマスターすれば9割以上の確率で一発合格出来ます。
介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント こちらをクリック



ホーム RSS購読 サイトマップ
記憶の秘訣 過去問選び 予想問題集 問題集と参考書 学習の秘訣 合格の秘訣 試験の攻略