介護福祉士という仕事の理想と現実

介護福祉士という仕事の理想と現実

介護福祉士試験に最短で90%合格する勉強法

介護福祉士試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

介護福祉士試験に90%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

介護福祉士という仕事の理想と現実

介護福祉士として働きたいと思っている方は、人それぞれさまざまな考えを持っていることでしょう。

 

しかしそうだからこそ、覚えておいてもらいたいことがいくつかあります。

 

実際に経験をしたことがある人ならわかることですが、介護福祉士の働く現場は決して楽なものではありません。

 

安易な気持ちで介護福祉士になると、実際に仕事に就いた時に理想と現実のギャップで苦労することになります。

 

介護福祉士の仕事として仕事をするためには、単に介護に興味があるという理由だけではなく、しっかりとしたプロ意識が求められます。

 

ただ単に要介護者の生活の補助をするというだけではなく、健康面やメンタル面にも気を配らなければなりませんし、人と接する仕事である以上コミュニケーション能力も求められます。

 

また介護をする際は、一人で行うというわけではありません。

 

必ずチームで行うものです。

 

いざ何かが起きたら場合には他の人と協力して介護をすることになります。

 

要介護者との円滑な関係を築くだけではなく、チーム内でしっかり協力できる人間関係を作りあげることが出来て、はじめて一人前の介護福祉士ということが言えます。

 

勤務時間も不規則な場合も多く、仕事自体が辛いと感じることも多々あると思います。

 

しかしそういうときにこそ、初心になぜ自分は介護福祉士の仕事を目指したのかということを思いだしてみてください。

 

つらい時に自分自身のこのモチベーションを維持することができる明確な理由を持っている人が、介護福祉士という仕事を長期間全うすることが出来る人だと思います。

 

もちろん、つらいことばかりではありません。

 

要介護者や家族の方から感謝されることの多いやりがいのある仕事ですし、今後の社会において重要な役割を担っている大切な仕事であるということを忘れないで下さい。

介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント

介護福祉士試験に一発合格するのは難しくありません。
7つのポイントさえしっかりマスターすれば9割以上の確率で一発合格出来ます。
介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント こちらをクリック



ホーム RSS購読 サイトマップ
記憶の秘訣 過去問選び 予想問題集 問題集と参考書 学習の秘訣 合格の秘訣 試験の攻略