介護福祉士の仕事について

介護福祉士の仕事について

介護福祉士試験に最短で90%合格する勉強法

介護福祉士試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

介護福祉士試験に90%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

介護福祉士の仕事について

介護福祉士が担当する仕事というのは、障害のある人や高齢者の方の生活を手助けすることだと考えていいでしょう。

 

それは、食事をする、入浴する、排泄する、着替えるといったように、普通に生活を送るうえで当り前のように行っている行動を支える仕事なのです。

 

つまり、その人がその人らしく、あるいは人間らしく、当り前の社会生活を送ることができるようにすることだと言うことができます。

 

それらの行動に少し手を貸すといったことだけで、相手にとっては大きな助けになることもあるのです。

 

介護福祉士などが活躍する介護の現場では、クオリティ・オブ・ライフという言葉があります。

 

これは、生活の質を確保するという意味ですが、そのなかには、前述のその人がその人らしくという意味が含まれているのです。

 

もっと本質を突き詰めていけば、人間の尊厳といった大きなテーマがあることも知っておきましょう。

 

人は人らしく生きる権利を有しているということです。

 

たとえば、介護福祉士として現場で働くようになれば、末期がんの方を担当することがあるかもしれません。

 

おそらく長くは生きられない人であっても、最後は自宅で過ごしたいと考える人は多くいるものです。

 

そうした人のクオリティ・オブ・ライフを確保するために、介護福祉士のような存在が必要とされているのだと理解していいでしょう。

 

身体的な苦痛や精神的な負担を少しでも軽減できるような手助けをしていくことが重要になってくると言えるのです。

介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント

介護福祉士試験に一発合格するのは難しくありません。
7つのポイントさえしっかりマスターすれば9割以上の確率で一発合格出来ます。
介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント こちらをクリック



ホーム RSS購読 サイトマップ
記憶の秘訣 過去問選び 予想問題集 問題集と参考書 学習の秘訣 合格の秘訣 試験の攻略