介護福祉士と介護保険制度

介護福祉士と介護保険制度

介護福祉士試験に最短で90%合格する勉強法

介護福祉士試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

介護福祉士試験に90%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

介護福祉士と介護保険制度

介護福祉士と大きく関係のある制度として、介護保険というものがあります。

 

これは、高齢者を中心として、自分で普通の生活を送るのが困難な人を手助けするための制度です。

 

平成12年度から始まったもので、それによって急速に業界が拡大していったと言われています。

 

国の政策によって定められたものなので、その枠のなかで仕組みが整理されたことで、より充実したサービスが発展するようになったというわけです。

 

ですから、内容をしっかりと把握しておくことが大切だと言えるでしょう。

 

まず、介護福祉士として知っておきたいのは、基本的な情報についてです。

 

65歳以上の人が受けられるサービスになっており、なかでも要介護認定を受けた人が、1割の自己負担で様々な施設やサービスを利用できるようになっています。

 

それは、通所やリハビリといったものから、ベッドや車椅子といった福祉用具、そして日常生活をサポートしてくれるホームヘルパーといったことまでいろいろあります。

 

当然、介護福祉士もこの制度のなかに活躍の場があると言えるでしょう。

 

とくにデイサービスセンターなどで働くようになれば、多くの認定を受けた高齢者と接することになります。

 

認定には要支援という段階から、程度によって等級が分かれています。

 

状態が悪い人になるにつれて、受けられるサービスの枠が大きくなるように設定されています。

 

また、予防を目的とした支援も行うようにしており、様々なサービスを利用しなくても生活ができるように自立を促す試みも行われているのです。

介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント

介護福祉士試験に一発合格するのは難しくありません。
7つのポイントさえしっかりマスターすれば9割以上の確率で一発合格出来ます。
介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント こちらをクリック



ホーム RSS購読 サイトマップ
記憶の秘訣 過去問選び 予想問題集 問題集と参考書 学習の秘訣 合格の秘訣 試験の攻略