介護保険のなかで介護福祉士ができること

介護保険のなかで介護福祉士ができること

介護福祉士試験に最短で90%合格する勉強法

介護福祉士試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

介護福祉士試験に90%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

介護保険のなかで介護福祉士ができること

介護福祉士というのは、障害者や高齢者の支援を行う立場にいます。

 

ですから、介護保険制度の枠の中での活動というものについても知っておかなければいけません。

 

主だった職場として考えられるのが、特別養護老人ホームであったり、デイサービスセンターといった場所であることを考えれば、当然ケアマネジャーを中心とした現場チームの1人として参加するようになることも予想されるのです。

 

その場合には、単独で支援を行うのではなく、自分以外の人たちと連携して行っていくことになるでしょう。

 

介護福祉士としても、制度の枠組みのなかにあるサービスに大きく関わっていくことになるのです。

 

それは、たとえば担当する人が、訪問を中心としたサービスを受けている場合でも同じです。

 

その現場には、ケアマネジャーを先頭にして、ホームヘルパーや福祉用具専門相談員、看護士といったように様々な分野の人が関わってきます。

 

そのなかで、自分の立場から意見を出し合って、より良いサービスの提供を実現していくことが重要になるのです。

 

また、デイサービスセンターなどの介護福祉士も、それらのチーム内に含まれていると考えることができるでしょう。
自宅でのケアの延長線上に、デイサービスが存在しているからです。

 

それを考えれば、施設内で完結するのではなく、その時の状態や様子などを、ほかの分野の担当者と連絡を取り合っていくことも重要だと言えるでしょう。

 

そうした横のつながりが、利用者に対して大きく影響していくのです。

介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント

介護福祉士試験に一発合格するのは難しくありません。
7つのポイントさえしっかりマスターすれば9割以上の確率で一発合格出来ます。
介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント こちらをクリック



ホーム RSS購読 サイトマップ
記憶の秘訣 過去問選び 予想問題集 問題集と参考書 学習の秘訣 合格の秘訣 試験の攻略