介護福祉士と障害者

介護福祉士と障害者

介護福祉士試験に最短で90%合格する勉強法

介護福祉士試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

介護福祉士試験に90%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

介護福祉士と障害者

介護福祉士の仕事は、高齢者同様に障害者の方と接することが多いです。

 

生まれつき身体に不自由がある人もいれば、病気や事故で自由を失った人もいます。

 

また、その程度も箇所も、人の数だけ症例があると考えることができます。

 

ですから、その人にどんなサポートが必要なのかを的確に判断していくことが重要なのです。

 

また、社会の一員として暮すことができるように手助けをすることも、大切な役割の1つだと言えるでしょう。

 

介護福祉士として関わっていく障害者というのは、身体的な問題を抱えている人と、精神的な問題を抱えている人がいます。

 

しかし、それらの人たちをひとくくりにするのではなく、困難を持っている一市民としての存在を尊重する必要があると言えるでしょう。

 

そのために、できないことをできるように根気強く支援をしていくことが大切です。

 

そこでは、生活支援のほか、動作補助や、就業や財産保護といった、暮らしに関わる多岐にわたる分野であなたが必要とされるのです。

 

介護福祉士として障害者支援に関わっていくならば、クオリティ・オブ・ライフ、生活の質を向上させることを頭に入れておくことも重要になるでしょう。

 

どうしても偏見や差別を受けやすく、弱い立場になってしまいがちな人を、いかに支えて人権を守り、社会的な主体としてその存在を確立していくかが大きなテーマとなるのです。

 

そして、それらを実現するには、介護福祉士だけでなく、多くの人たちと連携していくことが大切だと言えるでしょう。

介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント

介護福祉士試験に一発合格するのは難しくありません。
7つのポイントさえしっかりマスターすれば9割以上の確率で一発合格出来ます。
介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント こちらをクリック



ホーム RSS購読 サイトマップ
記憶の秘訣 過去問選び 予想問題集 問題集と参考書 学習の秘訣 合格の秘訣 試験の攻略