介護福祉士とホームヘルパーの役割の違いについて

介護福祉士とホームヘルパーの役割の違いについて

介護福祉士試験に最短で90%合格する勉強法

介護福祉士試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

介護福祉士試験に90%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

介護福祉士とホームヘルパーの役割の違いについて

介護福祉士の有資格者にたいして、正確に「介護福祉士」という名称で呼ぶ人は少ないようです。

 

介護士さんとか、ヘルパーさんなどと呼ばれたりすることが多いようです。

 

これだけ介護保険制度が浸透してきて、介護福祉士のお世話になる人が増えているにも関わらず、正しい名称とういうのはなかなか伝わらないものです。

 

ちなみに、介護福祉士とホームへルーパーは全く異なる資格です。

 

ホームへルーパーが民間資格なのに対して、介護福祉士はれっきとした国家資格です。

 

ホームヘルパーが研修を修了すれば取得できるのに対して、介護福祉士は国家試験の筆記と実技の両方に受かって初めて資格を得ることが出来ます。

 

介護福祉士を取得すれば、自動的にホームヘルパー1級の資格を得ることが出来ます。

 

そのことを考えてみても、明らかに介護福祉士はホームヘルパーの上級資格であるということが言えます。

 

仕事の内容ですが、介護福祉士の場合は、訪問介護のみならず施設や病院での仕事が認められています。

 

それに対して、ホームヘルパーの仕事は基本的に訪問介護に限定されます。

 

介護福祉士が訪問介護の仕事とする場合でも、やはり国家試験の有資格者ということで一目置かれますし、ホームヘルパーの方たちとグループで活動する場合でも、リーダー的な役割を任されることが多いようです。

 

そういったこともあり、介護福祉士の有資格者であれば、よほど人格的にひどい人でなければ、就職先に困ることはないようです。

 

介護福祉士有資格者は、いま完全に売り手市場となっています。

介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント

介護福祉士試験に一発合格するのは難しくありません。
7つのポイントさえしっかりマスターすれば9割以上の確率で一発合格出来ます。
介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント こちらをクリック



ホーム RSS購読 サイトマップ
記憶の秘訣 過去問選び 予想問題集 問題集と参考書 学習の秘訣 合格の秘訣 試験の攻略