介護福祉士以外の介護職について

介護福祉士以外の介護職について

介護福祉士試験に最短で90%合格する勉強法

介護福祉士試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

介護福祉士試験に90%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

介護福祉士以外の介護職について

介護の仕事にたずさわるのは、なにも介護福祉士だけではありません。

 

それ以外にも様々な資格が存在しているのです。

 

なかでももっとも現場主義とも言える立場にあるのが、ホームヘルパーです。

 

介助が必要な人の自宅を訪問して、直接手助けをするのが役目になっています。

 

その仕事内容としては、散歩や買い物の付き添いといったことから、家事の手助けなどもあります。

 

そして、日常の動作を行うのが困難な人に対しては、食事や入浴、排泄といった場面でも手助けをすることになるのです。

 

そして、介護福祉士にはできない仕事を担当する人もいます。たとえば、福祉用具専門相談員です。

 

国家資格ではありませんが、やはり規定の研修を受けた人に与えられる資格になっています。

 

おもに介護用ベッドや車椅子といった福祉用具の選定と貸し出しを行っています。

 

利用者の程度に合わせて、その人が生活するための手助けとなる用具を提供することになるので、現場では必ず関わってくる人たちです。

 

それから、介護福祉士やホームヘルパー、看護士といった人たちをまとめ上げるのがケアマネージャーです。

 

1つの現場を統括する立場にいる人で、ケアプランという計画書を作成して、利用者にとってもっとも適したプランを提供するのが役目です。

 

それ以外にもケースワーカーやソーシャルワーカー、リハビリを担当する療法士、福祉住環境コーディネーターといった人たちも関わってくることになるでしょう。

 

そういった立場の人たちと連携を取り合う要の位置に、ケアマネージャーがいるのです。

介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント

介護福祉士試験に一発合格するのは難しくありません。
7つのポイントさえしっかりマスターすれば9割以上の確率で一発合格出来ます。
介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント こちらをクリック



ホーム RSS購読 サイトマップ
記憶の秘訣 過去問選び 予想問題集 問題集と参考書 学習の秘訣 合格の秘訣 試験の攻略