介護福祉士の類似資格〜ケースワーカー

介護福祉士の類似資格〜ケースワーカー

介護福祉士試験に最短で90%合格する勉強法

介護福祉士試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

介護福祉士試験に90%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

介護福祉士の類似資格〜ケースワーカー

介護福祉士と違い、市区町村の役所といった行政機関で働く介護職に、ケースワーカーというものがあります。

 

これは社会福祉主事とも呼ばれている人たちで、主に相談や指導、援助といったことを行っていくことになります。

 

だれでもなれるというものではなく、厚生労働省によって定められている34科目があり、そのなかの3科目を、専門学校か短大、大学のいずれかで履修していた人が、行政の福祉職に任命されることで初めてケースワーカーと名乗ることができるのです。

 

ですから、介護福祉士のように、国家試験に通れば資格を得られるというものではなく、地方公務員になってから、その職に任命されることが条件となるのです。

 

また、大学などで必要科目を履修していなかった人でも、厚生労働省が指定する養成機関によって講習を受けることで、規定の条件を満たすことができます。

 

その場合でも、最終的には行政機関のどこに配属されるかが問題となってくるので、必ずなれるといった職種ではないと言えるでしょう。

 

介護福祉士と比べると、ケースワーカーの仕事は多岐にわたります。たとえば、生活保護や母子家庭の援助といったことや、児童福祉、高齢者介護、身体障害者援助、知的障害者援助など、社会のなかで弱い立場にいる人たちに対して大きく関わっていくことになるのです。

 

とくの生活保護に関する業務については、相談から認定調査まで、いろいろと関わっていくことになるでしょう。近年では不正受給が問題となってきているので、難しい業務だと言えるのです。

介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント

介護福祉士試験に一発合格するのは難しくありません。
7つのポイントさえしっかりマスターすれば9割以上の確率で一発合格出来ます。
介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント こちらをクリック



ホーム RSS購読 サイトマップ
記憶の秘訣 過去問選び 予想問題集 問題集と参考書 学習の秘訣 合格の秘訣 試験の攻略