介護福祉士と福祉住環境コーディネーター

介護福祉士と福祉住環境コーディネーター

介護福祉士試験に最短で90%合格する勉強法

介護福祉士試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

介護福祉士試験に90%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

介護福祉士と福祉住環境コーディネーター

介護福祉士と同じように、介護の現場で活躍するのが福祉住環境コーディネーターです。

 

自宅環境を整えて、高齢者や障がい者の人が住みやすい環境を作ることが大きな役目となっています。

 

とくに近年では、室内などの段差をなくしたバリアフリーという言葉が頻繁に使われるようになってきましたが、それ以外にも、手すりをつけたり、滑り止めをつけたりといったことを提案するのが仕事なのです。

 

実際に工事をするのは工務店の人でも、それを指示する立場にいると考えていいでしょう。

 

介護福祉士と同様に、ケアマネージャーを中心とした現場チームの1人として活動することが多くあります。

 

ある利用者宅で、その人の日常の動作をサポートするにはどのような環境を整えるのがいいのかといったことを提案することになります。

 

それは、たとえばトイレの立ち上がりを補助する手すりの取り付けであったり、玄関の上がりかまちの段差を解消するために踏み台を設置するといったことです。

 

介護福祉士は国家資格ですが、住環境コーディネーターも商工会議所による公的な資格として認められています。

 

3級から1級までに分れていて、1級が最上位となっています。

 

住宅の新築やリフォームに関する専門的な知識を有し、施設や公共機関などについての環境整備にも関わることができる専門職になるのです。

 

試験の合格率は低く、1級は最難関とされています。ケアマネージャーやホームヘルパー、福祉用具専門相談員のキャリアアップとしても位置づけられている資格なのです。

介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント

介護福祉士試験に一発合格するのは難しくありません。
7つのポイントさえしっかりマスターすれば9割以上の確率で一発合格出来ます。
介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント こちらをクリック



ホーム RSS購読 サイトマップ
記憶の秘訣 過去問選び 予想問題集 問題集と参考書 学習の秘訣 合格の秘訣 試験の攻略