介護福祉士と保育士

介護福祉士と保育士

介護福祉士試験に最短で90%合格する勉強法

介護福祉士試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

介護福祉士試験に90%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

介護福祉士と保育士

介護福祉士になるために保育士の免許を活用することができます。

 

それは、1年間の養成施設でのカリキュラムを修了することで、国家試験の受験資格を得ることができるのです。

 

ですから、ステップアップとして仕事の幅を広げる機会になると考えることができるでしょう。

 

近年では、女性だけでなく、男性の割合も増えてきている職種なので、保育士だけでなく介護福祉士の資格を続けて取るという人も増えてきているのです。

 

保育士としての主な仕事内容は、保育園などで幼児を預かることになります。

 

とくに乳幼児の相手をすることになるので、安全性には十分な配慮をしなければいけません。

 

ですから、専門職としての国家資格が認められているのです。

 

この職に就くためには、国家試験に合格する方法と、学校や養成施設で学ぶことで資格を得られる方法があります。

 

中卒、高卒の場合でも、児童保育の実務経験を2年以上積むことで、受験資格を得ることができることも知っておきましょう。

 

介護福祉士と同様に、筆記と実技の試験があります。

 

実技では、保健、音楽、言語、絵画制作のなかから3つが出題され、そのうち2つを選択して受けることになります。

 

合格率は1割から2割程度と低く、何年も受験してようやく合格する人もいるのです。

 

ですから、初めから保育士を目指しているという人は、専門科のある学校に進学して、卒業と同時に資格が得られるようにしたほうがいいでしょう。

 

また、試験に通った後に登録をしないと、都道府県知事から認定証を交付してもらうことができないので注意しましょう。

介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント

介護福祉士試験に一発合格するのは難しくありません。
7つのポイントさえしっかりマスターすれば9割以上の確率で一発合格出来ます。
介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント こちらをクリック



ホーム RSS購読 サイトマップ
記憶の秘訣 過去問選び 予想問題集 問題集と参考書 学習の秘訣 合格の秘訣 試験の攻略