介護福祉士・国家試験の概要

介護福祉士・国家試験の概要

介護福祉士試験に最短で90%合格する勉強法

介護福祉士試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

介護福祉士試験に90%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

介護福祉士・国家試験の概要

介護福祉士国家試験は、厚生労働省の外郭団体、財団法人社会福祉振興・試験センターが実施する「国家試験」で、第一次試験の筆記試験と、第二次試験の実技試験からなります。

 

筆記試験と実技試験は、それぞれ1月と、3月に実施されます。実技試験は、筆記試験に合格した人だけが受験できます。

 

筆記試験に合格した人には、実技試験験の会場についての案内ハガキが届くので、その指示に従って実技試験を受けます。

 

最終的な介護福祉士国家資格の合格発表は、毎年3月の終わりごろに行なわれます。

 

試験科目は、筆記試験が13科目のジャンルとなっており、「社会福祉概論」「老人福祉論」「障害者福祉論」「リハビリテーション論」「社会福祉援助技術(演習を含む。)」「レクリエーション活動援助法」「老人・障害者の心理」「家政学概論」「医学一般」「精神保健」「介護概論」「介護技術」「形態別介護技術」の中から、幅広く出題されます。

 

筆記試験の出題形式は「五枝択一方式」で、120問出題され、総試験時間数は210分間です。

 

実技試験は、介護等に関する専門的技能を試験されます。

 

介護福祉士として日常的に必要な実技を、その場で披露します。

 

一人の受験者の試験時間は「5分間以内」です。

 

ただし、介護技術講習会を受講し修了した場合、実技試験は3回までは免除され、筆記試験のみで合否が決定されます。

 

なお、筆記試験が受けられるのは、全国24箇所で、実技試験は全国12箇所のみでしか実施されていません。

 

介護福祉士の重要性の高まりとともに、試験の開催ペースおよび、実施地域を増やそうという動きが進められています。

介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント

介護福祉士試験に一発合格するのは難しくありません。
7つのポイントさえしっかりマスターすれば9割以上の確率で一発合格出来ます。
介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント こちらをクリック



ホーム RSS購読 サイトマップ
記憶の秘訣 過去問選び 予想問題集 問題集と参考書 学習の秘訣 合格の秘訣 試験の攻略