介護福祉士の実技試験当日の流れ

介護福祉士の実技試験当日の流れ

介護福祉士試験に最短で90%合格する勉強法

介護福祉士試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

介護福祉士試験に90%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

介護福祉士の実技試験当日の流れ

実技試験は「午前組」と「午後組」に分かれて実施されます。

 

介護福祉士実技試験当日は、次のような流れで行われています。※会場によって差があります。

 

まず最初に、受験者の氏名と受験番号等の確認、携帯電話の回収などがあります。

 

問題の漏えいを防ぐため、携帯電話は一時的に受付で預ける形になります。

 

最初に広い待機室へと移動し、自分の番が来るまで待ちます。

 

長く待つ場合もあるので、参考書や資料を持参しておきましょう。

 

また、この時間を利用して、試験用の服装に着替えることができます。

 

実技時の服装は、動きやすさが一番なので、「ジャージとスニーカー」の受験者が多いです。

 

職場で着用しているユニフォームや介護サンダルなどの、仕事着を活用するのもよいです。

 

靴ひもはほどけないよう注意し、髪の長い人は邪魔にならないよう、ヘアゴムで束ねるなど工夫しましょう。

 

待機室から控室へ呼ばれ、そこで実技試験の課題に関する問題用紙が一人一人に配布され、10分程度のシミュレーション時間が与えられます。

 

その後、各々、命じられた試験会場へ入室し、試験官を前に5分間の実技試験を行います。

 

実技試験を終えた受験者は、漏えい防止のため、係員の指示により別室に移動して、全受験者の試験が終了するまで待機することになります。

 

また、午前中に試験を行う午前組は、午後組が待機室に移動させられるまで帰宅できないので、時間をつぶすための本などを用意したほうがよいでしょう。

 

午後組は試験終了後に帰ることができます。

介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント

介護福祉士試験に一発合格するのは難しくありません。
7つのポイントさえしっかりマスターすれば9割以上の確率で一発合格出来ます。
介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント こちらをクリック



ホーム RSS購読 サイトマップ
記憶の秘訣 過去問選び 予想問題集 問題集と参考書 学習の秘訣 合格の秘訣 試験の攻略