介護福祉士国家試験の合格率と合格ライン

介護福祉士国家試験の合格率と合格ライン

介護福祉士試験に最短で90%合格する勉強法

介護福祉士試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

介護福祉士試験に90%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

介護福祉士国家試験の合格率と合格ライン

介護福祉士国家試験は、1989(平成元)年より年1回実施され、2011(平成23)年までに計23回実施されています。

 

介護保険制度の施行とともに受験者数が急増し、第23回では154,223人となっています。

 

第1回介護福祉士試験の合格率は、23.2%でしたが、その後大幅に上昇し、現在は50%前後で推移しています。第23回試験では48.3%と50%を下回りました。

 

他の国家試験で合格者1割のような試験もあるので、一般的に難易度が高いとされている国家資格の中では、介護福祉士は比較的合格しやすく、取得しやすい資格だといえます。

 

介護福祉士の資格取得試験は筆記と実技に分かれており、総得点の60パーセントがおおまかな合格ラインです。

 

筆記試験では120点満点中72点で、実技試験では100点満点中60点が合格点となります。

 

ただし、その年の試験の難易度によって合格ラインが調整されるので、この点数をとれば確実に合格する、というわけではありません。

 

実際、過去の合格ラインは、かなり差があり、高い年と低い年では合格点に10点以上もの差が出ています。

 

平成16年には84点という高い合格ラインになっています。一方、実技試験の合格ラインは例年60パーセントを下回っており、平成19年では40点という低い結果になっています。

 

その年の正式な合格ラインの発表は、合格発表時に行われます。

 

関連サイトなどで回答速報が出るので、自己採点は試験後に行えますが、自己採点だけでは合否を予想するのは難しい現状となっています。

介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント

介護福祉士試験に一発合格するのは難しくありません。
7つのポイントさえしっかりマスターすれば9割以上の確率で一発合格出来ます。
介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント こちらをクリック



ホーム RSS購読 サイトマップ
記憶の秘訣 過去問選び 予想問題集 問題集と参考書 学習の秘訣 合格の秘訣 試験の攻略