介護福祉士・国家試験出題基準

介護福祉士・国家試験出題基準

介護福祉士試験に最短で90%合格する勉強法

介護福祉士試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

介護福祉士試験に90%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

介護福祉士・国家試験出題基準

財団法人社会福祉振興・試験センターでは、新カリキュラムの「出題基準の基本的性格」が記載されています。

 

出題基準は、「出題基準の基本的性格」「大・中・小項目の位置付けと関係」と別添の「試験科目別出題基準」からなっています。

 

詳細に関しては、試験センターのホームページで直接ご確認ください。

 

重要だと思われるポイントは、「出題基準の基本的性格」に新たに追加された、新カリキュラムに関した記述で「介護とは、単に技術的な営みではなく、人間的・社会的な営みであり、総合的・多面的に理解されるべきものである。新カリキュラムは、3領域(人間と社会、介護、こころとからだのしくみ)について学ぶものとしているが、これらにつき個別的にだけではなく、横断的・融合的にも出題することができる。」という部分です。

 

今までも科目間で関わり合う項目はありましたが、新カリキュラムでは、そうした傾向が強まることが考えられます。

 

つまり、1つの科目に特化した人材ではなく、包括的な考え方やものの見方、また別々の要素を結びつけて考えることができる人材を育てようとしている、と考えることができます。

 

一方で、「認知症の理解」のように、今まで複数の科目で取り上げられていた分野が、科目として一本立ちしたものもあります。

 

これは、実践的な現場の知識として今後より重視される分野と考えて間違いはありません。

 

なお、出題基準は、平成23年度から適用されますが「今後、社会福祉の動向等により一部を変更することもあり得る」という注意書きがありますので、変更情報はチェックしていく必要があります。

介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント

介護福祉士試験に一発合格するのは難しくありません。
7つのポイントさえしっかりマスターすれば9割以上の確率で一発合格出来ます。
介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント こちらをクリック



ホーム RSS購読 サイトマップ
記憶の秘訣 過去問選び 予想問題集 問題集と参考書 学習の秘訣 合格の秘訣 試験の攻略