筆記試験の旧科目の特徴 その2

介護福祉士筆記試験の旧科目の特徴 その2

介護福祉士試験に最短で90%合格する勉強法

介護福祉士試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

介護福祉士試験に90%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

筆記試験の旧科目の特徴〜その2

「老人・障害者の心理(8問)」は文字通り老人や障害者の異常心理を学ぶ科目です。

 

認知症関連で「精神保健」や「介護技術」と関連する場合があります。暗記要素も多い項目です。

 

「家政学概論(8問)」は、家庭を取り巻く法律や制度の理解や、それらの法律や制度をあてはめた場合の具体例からの出題です。

 

筆記試験は午前と午後に分かれて行われますが、午後の最初が「医学一般(12問)」です。

 

人体の構造と機能など暗記項目が多い難問です。がんの死亡順位、医療行政などが出題される場合もあります。

 

「精神保健(4問)」は神経疾患の種類やその特徴、入院制度などが出題されます。「障害者福祉論」や「老人障害者の心理」と関連性があります。

 

「介護概論(8問)」は「介護技術」や「形態別介護技術」と重複している部分が多いので、比較的勉強しやすい科目です。

 

「介護技術」と「形態別介護技術」では、どちらも1問1答問題が11問、事例問題が9問となっています。日常の介護業務に関連した問題が多いので、実務経験者には有利です。

 

それぞれ、他の科目と関連性のあるものもあるので、効率のよい勉強方法が求められます。全科目をクリアするにこしたことはないですが、幅広いジャンルから出題されているので、完全をめざすよりは、力配分を考えて作戦をねる必要があります。

 

「介護技術」「形態別介護技術」「介護概論」は実技経験者なら比較的簡単です。

 

他にも「リハビリテーション論」「「レクリエーション活動援助法」「社会福祉援助技術」は、実務レベルの知識が活かせるので、点数が取りやすいとされています。

介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント

介護福祉士試験に一発合格するのは難しくありません。
7つのポイントさえしっかりマスターすれば9割以上の確率で一発合格出来ます。
介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント こちらをクリック



ホーム RSS購読 サイトマップ
記憶の秘訣 過去問選び 予想問題集 問題集と参考書 学習の秘訣 合格の秘訣 試験の攻略