介護福祉士の国家試験の基本的性格

介護福祉士の国家試験の基本的性格

介護福祉士試験に最短で90%合格する勉強法

介護福祉士試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

介護福祉士試験に90%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

介護福祉士の国家試験の基本的性格

今後の試験の傾向を考える時に、参考になると思われるのが、第20回試験後に出された「社会福祉士及び介護福祉士国家試験の今後の在り方について」という報告書です。

 

この報告書は、より資質の高い社会福祉士・介護福祉士を養成していくため、これまでの国家試験の実績の検証と、新しい教育カリキュラムを踏まえた今後の国家試験の在り方について、平成20年7月から12月までの間、5回にわたり議論を重ねて、生み出された提言で、新カリキュラムのベースにもなっています。

 

この報告書では「国家試験の基本的性格」について、介護福祉士にとって介護を実践する専門職として、「それぞれ必要とされる基本的な知識及び技術が網羅的に備わっていることを確認・評価するもの」として位置付けています。

 

また、国家試験は「養成課程における教育内容の標準化を図るとともに、充実を促進する機能も有している」ものと考えられています。

 

それを踏まえ「国家試験においては、専門職としての実践を行う上で、必要不可欠な知識及び技術に焦点を当てて出題すべきであり、実践の場面での判断力を問う問題であることを意識しながら、問題作成が行われることが必要である。」としています。

 

また、資格取得の後も、一層の専門性や実践力を培うため、継続的に能力開発を図っていくことが重要とされています。そのため、今後は生涯研修体系の構築も目指されます。

 

試験問題の作成プロセスについても、現状の作成時間不足などの問題点を改善し、問題作成プロセスの改善と、国家試験実施後の出題内容等に関する検証、および次年度以降へのフィードバックを強化することが提言されています。

 

また、試験問題を予め蓄えておく「プール制」についても検討が重ねられています。

介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント

介護福祉士試験に一発合格するのは難しくありません。
7つのポイントさえしっかりマスターすれば9割以上の確率で一発合格出来ます。
介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント こちらをクリック



ホーム RSS購読 サイトマップ
記憶の秘訣 過去問選び 予想問題集 問題集と参考書 学習の秘訣 合格の秘訣 試験の攻略