介護福祉士・国家試験 実務経験ルート

介護福祉士・国家試験 実務経験ルート

介護福祉士試験に最短で90%合格する勉強法

介護福祉士試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

介護福祉士試験に90%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

介護福祉士・国家試験 実務経験ルート

介護福祉士国家試験の受験資格は、法令等により「実務経験による受験」「福祉系高等学校卒業による受験」「介護福祉士養成施設卒業による受験(平成24年度(第25回)試験以降)」という、3つの条件のいずれかに該当する者となっています。

 

まず「実務経験による受験」は、3年以上介護等の業務に従事した方が対象です。

 

受験資格となる実務経験で、筆記試験前日までに通算して従業期間1,095日以上、従事日数540日以上の就労が必要です。

 

従業期間とは、実務経験の対象となる施設(事業)及び職種での、休日等を含む在職期間のことです。

 

従事日数は、従業期間内で実際に介護等の業務に従事した日数で、年次有給休暇などで実際に介護業務に従事しなかった日数を除いて計算します。
受験申込日までに3年に達していなくても、筆記試験前日までに間に合う見込みの場合は「実務経験見込み」として受験できます。

 

なお、平成24年度(第25回)試験からは、上表の実務経験の他に、養成施設等で6ヶ月以上の課程を修了する必要があります。

 

なお、受験資格となる施設・事業、職種は、『1.社会福祉施設等』として「児童福祉法関係」「障害者自立支援法関係」「老人福祉法・介護保険法関係」の各施設・事業や、「生活保護法関係」「その他の社会福祉施設」等。『2.病院の病棟または診療所』『3.介護等の便宜を供与する事業』となっています。

 

他の業務も兼務している場合、主な業務が介護等の業務である方も含みます。そして、そのことが辞令・業務分掌表等により明確にされていることが必要となります。

 

社会福祉施設や病院・診療所関係者でも、介護福祉士の受験資格とはならない職種や条件もあるので、注意してください。

介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント

介護福祉士試験に一発合格するのは難しくありません。
7つのポイントさえしっかりマスターすれば9割以上の確率で一発合格出来ます。
介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント こちらをクリック



ホーム RSS購読 サイトマップ
記憶の秘訣 過去問選び 予想問題集 問題集と参考書 学習の秘訣 合格の秘訣 試験の攻略