介護福祉士・国家試験 福祉系高等学校ルート

介護福祉士・国家試験 福祉系高等学校ルート

介護福祉士試験に最短で90%合格する勉強法

介護福祉士試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

介護福祉士試験に90%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

介護福祉士・国家試験 福祉系高等学校ルート

法令等により定められた介護福祉士国家試験の3つの受験資格のうちの1つとして、「福祉系高等学校卒業による受験」があります。

 

これには区分があり、まず『福祉系高等学校卒業(見込み)者』では、「学校教育法による高等学校または中等教育学校(専攻科及び別科を除く。)において、社会福祉士及び介護福祉士法施行規則第21条に定める教科目・単位数を修めて卒業した方(卒業する見込みの方を含む)方」また「大学へ飛び入学した方」が対象となります。

 

『福祉系高等学校専攻科卒業(見込み)者』では、「学校教育法による高等学校または中等教育学校の専攻科(修業年限2年以上)において、社会福祉士及び介護福祉士法施行規則第21条に定める科目・単位数を修めて卒業した方(卒業する見込みの方を含む)」となっています。

 

『特例高等学校等卒業後、9ヶ月以上の介護等の実務経験を有する者』は、決められた期間で「学校教育法による高等学校又は中等教育学校であって文部科学大臣及び厚生労働大臣の指定したもの(特例高等学校等)に入学し、社会福祉士介護福祉士学校指定規則附則第2条2項に定める教科目・単位数を修めて卒業した後、9ヶ月以上の介護等の実務経験を有する方」です。

 

受験資格となる実務経験で、実際に就労した期間・日数は、筆記試験前日までに通算して、従業期間273日以上と従事日数135日以上が必要です。

 

これまでは。実務経験に準ずるものとして、福祉系高校卒業生は卒業と同時に国家試験を受験することができました。ただし、制度の改正によって、福祉系高等学校専攻科で33単位を履修したのち、9ヶ月以上の実務経験を積む必要が加えられました。

 

なお、52単位履修すれば実経験の必要はありません。

介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント

介護福祉士試験に一発合格するのは難しくありません。
7つのポイントさえしっかりマスターすれば9割以上の確率で一発合格出来ます。
介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント こちらをクリック



ホーム RSS購読 サイトマップ
記憶の秘訣 過去問選び 予想問題集 問題集と参考書 学習の秘訣 合格の秘訣 試験の攻略