介護福祉士・国家試験 指定養成施設ルート

介護福祉士・国家試験 指定養成施設ルート

介護福祉士試験に最短で90%合格する勉強法

介護福祉士試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

介護福祉士試験に90%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

介護福祉士・国家試験 指定養成施設ルート

介護福祉士の指定養成施設とは、厚生労働大臣が指定する「介護福祉士を養成するための学校」のことで、専門学校、短期大学、4年制大学などがあります。

 

これらの介護福祉士養成施設の養成課程では、介護福祉士になるために必要な指定科目が設けられており、履修時間も定められています。

 

これまでは、介護福祉士養成施設の指定を受けた大学や学校で、所定の時間カリキュラムを修めれば、卒業と同時に介護福祉士が取得できました。

 

高等学校卒業以上かそれに準ずる人の場合が、2年制以上の養成施設を卒業することで、介護福祉士の資格を取得できました。

 

また「福祉系の大学で指定科目を履修し、卒業した方」、「社会福祉士養成施設等を卒業した方」、「保育士養成施設卒業者」は、1年制以上の養成施設を卒業することで介護福祉士の資格を取得できました。

 

しかし、「社会福祉士及び介護福祉法」が改正され、これからは介護福祉士になるためには、国家試験を受験しなければならなくなりました。

 

介護福祉士養成施設のカリキュラム内容も抜本的に変わり、時間数も1650時間から1800時間に増えました。実習時間はこれまで通りです。

 

福祉系高校のカリキュラム内容は介護福祉士養成施設(学校)と同様、1800時間となります。

 

また実務経験者も、養成校で6ヶ月以上600時間程度の学習をしなければならなくなります。

 

本来、上記の新制度は平成24年度から導入される予定で進められてきましたが、平成23年3月現在、受験義務を平成27年度卒業生からとするための法律改正案が国会に提出されています。

介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント

介護福祉士試験に一発合格するのは難しくありません。
7つのポイントさえしっかりマスターすれば9割以上の確率で一発合格出来ます。
介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント こちらをクリック



ホーム RSS購読 サイトマップ
記憶の秘訣 過去問選び 予想問題集 問題集と参考書 学習の秘訣 合格の秘訣 試験の攻略