介護福祉士の国家試験の合格基準

介護福祉士の国家試験の合格基準

介護福祉士試験に最短で90%合格する勉強法

介護福祉士試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

介護福祉士試験に90%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

介護福祉士の国家試験の合格基準

介護福祉士の国家試験は、筆記試験と実技試験の両方を合格しなければ合格者とみなされることはありません。

 

筆記試験に関して言えば、総得点の約6割で正解していること、そして問題の難易度によって補正された点数以上が取れている方のみが筆記試験の合格者となり、実技試験を受ける事ができるようになります。

 

そして、上記の条件を満たしている方のうち予め決められた12科目について正解する問題があった人が筆記試験の合格基準となります。

 

実技試験に関しては、課題となった事に対する総得点の6割程度を基準に、課題の難しさなどで補正された得点以上の点数を取れた方のみが実技試験の合格者となります。

 

つまりは、筆記試験及び実技試験とも総得点の6割以上取れているのであればまずは合格している可能性が高くなるという事になります。

 

また、過去の合格基準を見てみると第19回が77点、第20回は82点、21回は76点、22回は75点、23回は71点となっているように、70点以上が合格基準となっている事が多いようです。

 

平均して受験者の約半数が介護福祉試験に合格しているとされていますが、中には5割を切ってしまった年もあります。

 

つまり、試験の内容などによっては難易度が高くなってしまい合格者が少なくなるということも考えられるわけです。

 

専門的な技術と知識が必要となる資格だからこそ、しっかりと勉強をしていくことが大切です。

 

近年は、ほとんど5割程度の合格率となっていますから、二人に一人は合格している事になります。

介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント

介護福祉士試験に一発合格するのは難しくありません。
7つのポイントさえしっかりマスターすれば9割以上の確率で一発合格出来ます。
介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント こちらをクリック



ホーム RSS購読 サイトマップ
記憶の秘訣 過去問選び 予想問題集 問題集と参考書 学習の秘訣 合格の秘訣 試験の攻略