介護福祉士試験の当日の流れ

介護福祉士試験の当日の流れ

介護福祉士試験に最短で90%合格する勉強法

介護福祉士試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

介護福祉士試験に90%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

介護福祉士試験の当日の流れ

介護福祉士の試験で筆記試験に合格すると、いよいよ実技試験となります。

 

筆記試験よりも実技試験の方が緊張も高まりますのでリラックスした状態で臨みたいところです。

 

できるだけ一発合格を目指したいものですが、実技試験はどのような状態で進められて行くのかを予め知っておけば、スムーズに対応していくことができるでしょう。

 

当日の実技試験の流れからどういったポイントをおさせておけば良いのか紹介したいと思います。

 

まずは、実技試験を行うための受け付けが行われます。

 

受付を通った後、いつもの業務のように介護をしやすい服装に気が得る事が大切です。

 

またこの時、身だしなみが余り乱れないように注意しましょう。

 

用意ができ次第控室で待機することになります。

 

そして順次受験番号が呼ばれますので、数十人で教室へ移動します。

 

予め机などの上に出題される問題用紙が置かれていますのでまずは確認をしましょう。

 

そして、どのように介護をするのかイメージすることが大切です。

 

その後、実技試験となる会場へ移動し始まりの合図と共に出題された実技試験を行います。

 

実技試験に出題されている課題を終えた後は、「終わります」と合図を送ります。

 

これで、実技試験が終わりです。

 

ただし、実技試験が終わったとしてもすべての方が実技試験を終えるまで帰宅することはできません。

 

全員が実技試験を終えるまで、待機室で待機しなければいけません。

 

この時、時間のある方は出題された課題の評価などを自分で行ってみましょう。

介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント

介護福祉士試験に一発合格するのは難しくありません。
7つのポイントさえしっかりマスターすれば9割以上の確率で一発合格出来ます。
介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント こちらをクリック



ホーム RSS購読 サイトマップ
記憶の秘訣 過去問選び 予想問題集 問題集と参考書 学習の秘訣 合格の秘訣 試験の攻略