介護福祉士の実務経験の証明

介護福祉士の実務経験の証明

介護福祉士試験に最短で90%合格する勉強法

介護福祉士試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

介護福祉士試験に90%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

介護福祉士の実務経験の証明

介護福祉士試験を受験するためには3年以上の実務経験、1095日以上の従業期間、540日以上の従業日数が必要となります。

 

これは大前提となりますから、受験を申し込む際にはあらかじめこの実務経験の条件を満たしていることを証明する必要があるのです。

 

実務経験を証明する書類となるのが「実務経験証明書」です。これは勤務先から作成・発行してもらうもので、給与事務担当者などが出勤簿や勤務記録などを参考にして作成することになります。

 

まずこの作成を依頼することが大前提となります。

 

注意が必要なのは実務経験が複数の勤務先にまたがっていた場合。

 

実務経験は合算で証明することも可能なので、すでに辞めた勤務先にも実務経験証明書の作成を依頼しなければなりません。

 

1度辞めた職場にいくのは気まずいと思うかもしれませんが、遠慮なく依頼するようにしましょう。

 

また、万一以前の勤務先が廃業するなど証明するのが困難な場合にはかつて人事を担当していた人などに問い合わせてみるとよいでしょう。

 

勤務記録が残っている場合にはそれを元に証明をすることができます。あきらめずに探してみるとよいでしょう。

 

介護福祉士の申込み期間は1ヶ月程度。そのことを念頭に置いたうえで実務経験証明書を用意する必要があります。

 

いざ申し込もうという段になって証明が出来ないなどといったことがないようにしましょう。

 

複数の職場にまたがっている場合にはできるだけ早いうちに準備を心がけておくことが求められます。

介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント

介護福祉士試験に一発合格するのは難しくありません。
7つのポイントさえしっかりマスターすれば9割以上の確率で一発合格出来ます。
介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント こちらをクリック



ホーム RSS購読 サイトマップ
記憶の秘訣 過去問選び 予想問題集 問題集と参考書 学習の秘訣 合格の秘訣 試験の攻略