介護福祉士試験までの過程

介護福祉士試験までの過程

介護福祉士試験に最短で90%合格する勉強法

介護福祉士試験は勉強方法を間違うと合格出来ません!

介護福祉士試験に90%以上の確率で短期間の勉強で合格出来る画期的な勉強のやり方があります。

詳細はこちらをクリック

介護福祉士試験までの過程

介護福祉士試験は毎年1月下旬(筆記試験)、3月上旬(実技試験)に実施されています。

 

試験に合格するためにはまず受験するための準備が必要となります。

 

まず申込み。申込み期間は8月中旬?9月中旬にかけての1ヶ月。

 

この期間に必要な申込みを行わなければなりません。とくに注意したいのが受験資格となる実務経験を証明する書類の準備。職場に実務経験証明書を作成してもらうことになるのですが、それには時間がかかります。

 

またかつて勤めていた職場で作成してもらう場合にはとくに時間がかかることになるため、申込み期間中に準備できるように注意しておかなければなりません。

 

申し込む際にはもうひとつ、実技試験を受けるかどうかの選択も求められます。

 

介護技術講習を受講・修了すれば実技試験が免除される制度があるのです。

 

この選択は申込みの際に行う必要があるので決めておく必要があります。

 

講習を受けることにした場合にはどこで講習が行われるのか、情報収集や申込みが必要になってきます。

 

実技試験を受ける場合には筆記試験との間に1ヶ月ちょっとの期間があります。

 

この時期に集中して勉強する機会を作るとよいかもしれません。

 

介護福祉士試験は医療・介護・福祉から幅広い内容が出題されます。

 

しかもどの科目でも必ず得点しなければ合格基準を満たすことができません。

 

やるべきことは非常に多いため、試験日までに残された期間を把握した上で計画的な勉強を続けていく必要があるのです。

 

とくに独学で勉強する場合には日程をしっかりと組み立てるよう心がけたいものです。

介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント

介護福祉士試験に一発合格するのは難しくありません。
7つのポイントさえしっかりマスターすれば9割以上の確率で一発合格出来ます。
介護福祉士試験に一発合格する7つのポイント こちらをクリック



ホーム RSS購読 サイトマップ
記憶の秘訣 過去問選び 予想問題集 問題集と参考書 学習の秘訣 合格の秘訣 試験の攻略